電子書籍を購入するには

電子書籍の普及は拡大の一途をたどっています。

私も「本を読むなら断然紙派!」でしたが今や本のジャンルによってはたいてい電子書籍で読んでいます。

もし、電子書籍で読んでみようかなと思われるのでしたら、ぜひ挑戦してみて下さい。ハマりますから!

初めて電子書籍を利用するというあなたのために、ここでは電子書籍の購入方法など簡単にご説明しましょう。

スポンサーリンク



電子書籍は専用の電子書籍リ-ダ-か電子書籍端末を使うと良い

専用の電子書籍端末を購入すれば、ネット上からお好きな時に電子書籍をダウンロ-ドできます。

紙質のような触感や紙をめくるようなイメ-ジ、目が疲れないなど専用の電子書籍端末には大きなメリットがあります。

そこまでこだわらないという方の場合は、普及版の端末でも十分でしょう。

もちろんパソコンやスマ-トフォン、タブレットにダウンロ-ドできるアプリで電子書籍を読むこともできます。これなら専用端末は不要です。ただパソコンで長時間電子書籍を読むのは強い光で目がすごく疲れますので、そんな場合はタブレットの方が良いのかもしれません。

スマ-トフォンの場合は画面が小さくなるのが、デメリットですが、気にならなければ荷物が増えない、軽いなどのメリットもあります。

電子書籍なら本が増えても場所を取らず省スペ-スです。持ち運びも便利です。どんな厚い本でも簡単です。旅行にも事前に何冊かダウンロ-ドしておけば、何冊でも持っていけます。

 

 

・クラウド上にデ-タを保存しておけます

紙の本が本棚からあふれ部屋中が本だらけなんてことが本好きさんにはよく起こりました。

電子書籍の場合省スペ-スですがあなたのタブレットや端末のストレ-ジが満杯になってしまうこともあります。

もし、満杯になれば消去すれば新しくダウンロ-ドできます。

消去しても完全になくなるわけではなくクラウド上で保管されているので、再びダウンロ-ドすれば読み返すことができます。もちろん無料です。

つまり販売しているサイトがクラウド上で保管してくれているのです。

こういうことを考えるなら端末のストレ-ジの大きさにそれほどこだわる必要はありません。

ただ、ダウンロ-ドするためには、インタ-ネット環境が必要です。

旅行の場合インタ-ネット環境が不安なら事前にダウンロ-ドしておくと安心です。

・支払い方法は要チェック

無料で読めるサイトもあることはありますが、たいていは有料となっています。

やっぱり自分が本当に読みたい本ならお金を払ってでも買いたいものです。

1冊当たりの値段を確認して「購入する」ボタンをクリックしてみましょう。

決済システムはアプリやサイトによって異なりますから要確認です。

基本的にはクレジットカードまたはデビットカードです。

登録しておけば、ワンクリックで好きな電子書籍をダウンロ-ドできます。

好きな時にそこからでもですのでとても便利ですね。

万が一端末をなくしてもバックアップデ-タを保管していれば、書籍をいつでも取り戻せます。

読書好き、本好きな方ならぜひ電子書籍を使いこなせる方が何かと便利だと思います。

要は「慣れ」でしょう。

実際本好きの方は買った本の保管に悩んでおられます。

引っ越しする時に本はホントにお荷物です。

電子書籍ならそんな悩みは不要です。

また、移動中に読むのにも電子書籍なら便利このうえないです。

重い本でも厚い本でも複数の本でも一つの端末があれば解決です。

デ-タが失われても、クラウド上から簡単に取り戻せます。

念のため、バックアップデ-タも保管しておくと万全です。

クレジットカ-ドを一度登録さえしておけば、好きな時好きな場所で本を買えます。